小物

【財布レビュー】Bellroy(ベルロイ)Note Sleeveがミニマリストにオススメな理由

こんにちは!れおです!

本日のテーマは・・・【財布レビュー】Bellroy(ベルロイ)Note Sleeveがミニマリストにオススメな理由由です!

Bellroy(ベルロイ)の財布 Note Sleeve(ノートスリーブ)のレビューが気になります!

持ち物が少ないミニマリストだからこそ、所有するものはこだわりたい!

シンプルでミニマル、それでいてあまり被らないお財布をお探しではないでしょうか?

今回はそんな読者様にオススメの財布、Bellroy Note Sleeveを開封レビューしていきます。

本記事の内容
  • Bellroy Note Sleeveの開封レビュー
  • 機能性・収納力のご紹介
  • ミニマリストに人気の他の財布との比較

ベルロイノートスリーブをレビューしながら、ミニマリストに人気の高いメジャーどころの財布との比較もしていきます。

人気の高いメジャー財布ではなく、何故ベルロイノートスリーブだったのか?筆者の体験をもとに皆様のお買い物のヒントになれば幸いです。

3分ほどでサクッと読める記事です。

最後まで読んでいただけると、購入を検討されている方には背中を押してくれる内容になっているかと思います。

ぜひごゆっくりお楽しみください。

この財布はこんな人におすすめ!
  • 小銭入れとメイン財布を分けている方
  • もう既にabeAsusの小さい小銭入れを持っている方
  • お札を折りたくない方
  • ミニマリストの方

ミニマリストにオススメの財布をレビュー!

それでは早速レビューをスタートしますが、先に本記事がどのような流れでで進行して行くかをご説明いたします。

流れは下記の通りです。

先に結論からお伝えすると「この財布はめちゃくちゃ良いです。」

キャッシュレス時代のニーズに的確に答えてくれる財布です。

免許証とクレカ2枚+お札が入り、財布自体がめちゃくちゃ小さいので、サコッシュなどの小さいカバンでも余裕をもって収納できるのがお気に入りポイント。

ほとんどの決済がiPhoneなどのスマホで行える時代になり、財布自体を取り出す事が減りましたが、「まだまだ財布無し」というわけにはいきません。

そんな不完全なキャッシュレス時代には現状最適の財布だと考えています。

開封レビュースタート!

え?中身入ってる?
ぐらい小さくて可愛い封筒に入って届きます!

新しいモノを開封する時って本当にワクワクしますよね・・・!ドキドキ

おおおおおお!!

ちっちぇ!!!!!!笑  これを求めていたんだ!!!

あとめっちゃくちゃ軽いです!

Note Sleeveの重さや大きさ

サイズは102mm×90mm重さは65g

薄さも1センチぐらいで、
多分皮が馴染めばもっと薄くなっていくんだろうな〜

楽しみだ!!!

収納やポケットを見ていこう!

開いてみるとこんな感じ!

一つずつポケットを確認していきましょう!

収納やポケットは?
  • メインカードポケットは3箇所
  • カードを重ねて入れる事ができる、プル式のカードポケットが1箇所
  • 余裕で入るお札入れ
  • ミニ小銭入れ
  • お札入れの中にカードポケットが1つ

まずはメインカードポケットから!

よく取り出すカードなどのクレジットカードやポイントカードなど、

厳選した3枚のカードを取り出しやすいメインポケットに入れています♪

僕の使い方はこんな感じ!
  • 免許証
  • 事業用のクレジットカード
  • 生活用のクレジットカード

以上の3枚のカードを入れています!
ただ免許証に関してはここじゃなくてもいいかなーって思っています!どうつかおっかな〜?

サブのカードポケットもある!

続いては、

使用頻度がそこまで高く無いカードを入れる、プル式のカードポケット!

僕の使い方はこんな感じ!
  • キャッシュカード
  • お気に入りのラーメン屋さんのポイントカード

ここのポケットはあると便利だけど、あんまり使わないカードを入れています!

このポケットの使い方はこんな感じ!つまみを引っ張るとカードも一緒に出てきて、カードをしまうとつまみを元に戻るよ!

Amazonの販売ページから引用

折り畳み財布なのでお札に湾曲した癖はついてしまうものの、お札に折り目がつかない事がお気に入りポイント!

高校生ぐらいの時に、あなたがお札ならどんな財布に入りたいですか?という質問を本で見かけて、それ以来お札は折らない!と言うのが僕のポリシーです!

お札の枚数は・・・

頑張って入れてみましたが、
12枚ぐらいが限度です!

ここにもサブのポケットが!

続いては、お札入れの中の内ポケットです!

ここのポケットはわかりにくい場所にありますので、念のため隠しておきたいカードなどがある方は、便利なポケットでは無いでしょうか?笑

個人情報がたくさん書かれた様なカードがある場合は、このポケットに入れるのがいいかな?僕は保険証を入れています!

こんなところに隠しポケットが!

使うかはわからないけど、ここにも隠しポケットが!!

公式では・・・

一応ここがコインポケットのようです・・・

ここには鍵を入れたり、数枚の小銭を入れたりする事ができるけど、使えて鍵入れだけかな・・・?

小銭はこぼれたりする事もありそうで現実的ではないかな・・・

ミニマリストに人気の高い他の財布との比較

ミニマリストに人気の財布と比較する前に、

元々20代男性ミニマリストである僕がどのような財布を使っていて、今回何故Bellroy Note Sleeveに買い替えたのか?購入した理由をご紹介します。

似た境遇の方には特にお買い物の参考になるかと思います。

以前までのスタイル
  • BALLYの長財布 (お札とカード類を収納)
  • abrAsusの小さい小銭入れ (小銭入れとキーケースとして活用)下記リンクから気になる人チェックしてみてください。
BALLYの長財布とabrAsusの小さい小銭入れ
僕が新しい財布を求めた理由はコレ
  1. 普段使いには少し長財布は大きい
  2. キャッシュレス人間なので、財布は小さくていい
  3. 長財布と小銭入れを分けているので、長財布には小銭入れのポケットが必要がない
  4. 数枚のカードとお札が入る小さく薄い財布が欲しい!

もしかすると上記4つの理由に共感いただける方は多いのではないでしょうか?

要は・・・

小銭入れと長財布を分けているのに、長財布に小銭入れの機能があるのは余分と判断したので、それぞれに最低限の役割を持たせて、ミニマル化したかったわけです!

他はどの財布と迷ったのか?

財布を買い替えるにあたって、ミニマリストに人気の高い下記3つの財布を迷いました。

ミニマリストの方、ミニマリストを目指している方であれば一度は見かけた事があるのではないでしょうか?

  1. abrAsusの薄い財布
  2. abrAsusの小さい財布
  3. dripのPRESSo

結果としてはBellroy NoteSleeveを選びましたが、他の財布にはそれぞれどのような魅力を感じていたのかをご紹介します。

人気の財布①:abrAsusの薄い財布

amazonより引用
1つ目は、abrAsusの薄い財布

THE・ミニマリストのド定番!

シンプルと必要最低限を極めた財布!圧倒的な薄さが大人気!

ミニマリストの財布といえば・・・abrAsusの薄い財布というぐらいメジャーな財布です。

商品の名前にもある通り本当に薄い!

ポケットやカバンどんなところにもシュッと収納できる魅力があります。

薄い財布を選ばなかった理由
  • ド定番すぎるので少し違うモノを選びたかった
    ⇨人気が高い定番商品なので被る可能性が高い
  • カードを重ねて収納するので、選ぶカードにアクセスしずらい
    ⇨使うカードは主に2枚、だけど重ねて収納するので利便性が悪そうと感じた
  • 小銭入れの機能がついていた為
    ⇨abrAsusの小さい小銭入れを使っているので、小銭入れの機能はない方がいい

これは大前提ですが、定番になる理由はそれだけ良い商品だからです。

しかしながら今の自分には機能が多すぎた事と、カードの取り出しやすさに少し不安があったので今回は選びませんでした。

人気の財布②:abrAsusの小さい財布

amazonより引用
2つ目は、abrAsusの小さい財布

これもミニマリストの定番!

シンプルと必要最低限を極め、薄さより小ささを求めるならこれ以外ない!

財布の小ささでいえば、今回ご紹介した4つの財布の中で最も小さい財布で、文字通り手のひらサイズの大きさでかなり魅力的。

3つ折りの財布なので薄さでいえば、最も厚い財布です。

コレを選ばなかった理由
  • 3つ折り財布のため、お札に強めのおり癖がつくのが気になる
    ⇨お札はなるべく折りたく無い派なので、3つ折りの財布は無しでした
  • カードを重ねて収納するので、選ぶカードにアクセスしずらい
    ⇨こちらの財布もカードのアクセスしにくい
  • 小銭入れの機能がついていた為
    ⇨小銭入れは別に持っているので、小銭入れの機能は無い方がいい

こちらもミニマリストに人気の財布で、定番な商品です。

大きくは“薄い財布”と理由は似て、お札に3つ折りの癖がつくのが少し気になったため、今回は選びませんでした。

人気の財布③:dripのPRESSo

amazonより引用

革の経年変化を楽しめる財布として、ミニマリストの中でもかなり人気の高いdripの小さい財布。

こちらの財布も必要最低限まで機能を削ぎ落とした、かなり好みの財布でした。

特に今回4つの中でもダントツにデザインが好みでしたが・・・

2つ目は、dripのPRESSo

こちらもミニマリスト御用達の人気財布!

こだわりの皮と、スタイリッシュなデザインにとても惹かれました!

現在Amazonでは取扱停止中のようです・・・

コレを選ばなかった理由
  • お札を完全におらないと収納できないのが気になる
    ⇨お札をできれば折りたく無い
  • 「コードバン(馬のお尻の皮)」を使ったデザインのものが売り切れていた
    ⇨経年変化を更に楽しみたいと思っていたが、当時コードバンモデルが人気で売り切れていた
  • 小銭入れの機能が付いていた
    ⇨小銭入れを別に持つので、小銭入れ部分の機構はないほうがいい

デザインが最もツボで、かなり好み。
1番最後まで悩んだ商品でしたが、やはりお札をおるのは僕のポリシーに反するので、今回は諦めることに・・・

Bellroy Note Sleeveと他3つの財布のスペック比較

重さやサイズ感、値段などの比較を下記表にまとめてみました。

値段厚みサイズ感(縦✖️横)重さ
Bellroy Note Sleeve
12,100円20mm103mm✖️85mm65g
abrAsus 薄い財布14,950円13mm98mm✖️95mm50g
abrAsus 小さい財布14,800円13mm60mm✖️90mm32g
drip PRESSo11,500円7mm60mm✖️90mm40g
参照:amazon (2021年10月時点の情報)

価格やサイズ感、重さを比較してみると、小さい財布やPRESSoなどに軍配が上がりますね!

そのスペックを考慮してもなぜBellroy Note Sleeveを選んだのか?をご紹介しますね。

じゃ何故BellroyのNote Sleeveなのか?

改めて僕が新しい財布を求めた理由をご紹介します。

そしてメイン財布と一緒にいつも持っている、abrAsusの小さい小銭入れとのシナジー(相乗効果)が素晴らしい事にその理由はあります。

僕が新しい財布を求めた理由はコレ!
  • 普段使いには少し長財布は大きい
  • キャッシュレス人間なので、財布は小さくていい
  • 長財布と小銭入れを分けているので、長財布には小銭入れのポケットが必要がない
  • 数枚のカードとお札が入る小さく薄い財布が欲しい!

BellroyのNote Sleeveを選んだ理由!

僕が結局Bellroyの財布を選んだ理由は、以下の通りです。

ベルロイの財布を選んだ理由!
  • お札を折らずに収納できる
  • 必要最低限のカードが収納でき、よく使う3枚は取り出しやすく、使用頻度の低いカードもたくさん収納できる事
  • 小銭入れの機能がついていない、【お札とカード】しか入らない財布である事
  • 薄く、軽く、小さいデザインである事
  • 保証が3年付いていた。

小銭入れの役割は、小銭を入れ、鍵も収納できる事。Bellroyの財布の役割はもしもの時のお札とカードを入れる事。

小銭入れ、キーケース、お札入れ、カード入れ、全ての機能が重複せず分散している事がとても美しいと感じたためです。

他の候補の財布は、機能が重複し無駄があったため選びませんでした!
お財布を探す中でBellroyの財布のみ、僕の悩みを全て解決してくれる財布だったわけです!

【まとめ】ミニマリストにオススメの財布はこれだ!

お疲れ様です。以上がBellroy Note Sleeveの開封レビューとミニマリストに人気の高い他の財布との比較でした。

数ある財布の中で、Bellroy Note Sleeveが刺さる人は下記のような方ではないでしょうか?

Bellroyの財布が刺さる人はこんな人
  • 小銭入れとメイン財布を分けている方
  • もう既にabeAsusの小さい小銭入れを持っている方
  • お札を折りたくない方
  • ミニマリストの方

現在(21年10月)Bellroy Note Sleeveを使って約1年が経過しましたが、だんだん皮の経年変化もでてきて、見た目の変化も楽しんでいます。

機能的にもやはり、不完全なキャッシュレス時代(現金0というわけにはいかない)において、最も合理的な財布だといまだに感じております。

Bellroy Note Sleeveの購入を迷われている方の背中を押せる内容になっていれば幸いです。

20代男性ミニマリストである筆者の2021年に買ってよかった総集編の記事も良ければ、下記リンクより合わせてチェックしてみてください!

【関連記事】⇨『20代男性ミニマリストである筆者の2021年に買ってよかった総集編』

それではさようなら!

]]>