ミニマリストが『ARC’TERYX(アークテリクス) Mantis26』をレビュー

ARC’TERYX Mantis26
メリット
  • シンプルでミニマルなデザイン
  • 4部屋ある収納力
  • 背負いやすさ
  • 手を出しやすい価格
  • 耐水性の高さ。
デメリット
  • バックが自立しない
Reo

どうも、れお(@reolog_life)です。夫婦2人暮らしのインテリア好きミニマリストです。

本日のテーマは・・・『ミニマリストが『ARC’TERYX(アークテリクス) Mantis26』をレビュー』です。

悩める人

男女ともに人気が高いARC’TERYXのMantis26のレビューが知りたい。

ミニマルなデザイン、撥水性や収納力、背負いやすさなど・・・普段使いにちょうどいいバックパックを探していませんか?

そんな悩みを解決してくれるのが、男女問わず心からオススメしたいバックパックが『ARC’TERYX Mantis26』です!

本日はそんなARC’TERYX(アークテリクス)のバックパックMantis26(マンティス)のレビューをしていきます。

1分で分かる本記事の内容
  • おすすめポイント
    • シンプルでミニマルなデザイン
    • 4部屋ある収納力
    • 背負いやすさ
    • 手を出しやすい価格
    • 耐水性の高さ
  • 唯一の気になる点
    • バックが自立しない

ARC’TERYXブランドの中でも比較的手が出しやすい価格で、それでいてシンプルなデザインが良い。収納力も非常に高く男女ともに人気が高いタウンユースに最適にバックパックです。唯一気になるのは自立しないところだけ。

ARC’TERYX『Mantis26』はこんな人におすすめ!
  • ノマドワーカーを中心とした外で作業をする方
  • 大容量だけど、軽いタウンユースに最適のバックパックを探している方
  • シンプルワントーンのカッコ良くて機能的なバックパックを探している方
ARC'TERYX(アークテリクス)
¥28,000 (2024/05/25 18:58時点 | Amazon調べ)
Profile

Reo
Minimalist / Blogger / Photographer

  1. インテリアが好きなミニマリスト
  2. 夫婦2人暮らし
  3. コーヒーが大好き
  4. ブログ歴もうすぐ4年
タップできる目次

ARC’TERYX(アークテリクス)Mantis26(マンティス)をレビュー!

男女ともに人気の高いARC’TERYX(アークテリクス)のMantis26(マンティス)をレビューしていきます。

ARC'TERYX(アークテリクス)
¥28,000 (2024/05/25 18:58時点 | Amazon調べ)

まずはこのバックパックのおすすめポイントを紹介します。

Mantis26のおすすめポイントはコレ

Mantis26のおすすめポイント
Mantis26のおすすめポイント

最低限のブランドロゴが刺繍されている以外はブラックで統一されたシンプルなデザインで、ミニマリスト的には評価が高いです。

そして何より素晴らしいのが収納力。

『4部屋のポケット』と『両サイドのドリンクホルダー付き』で容量は26L、荷物がたっぷり入ります。

13インチのノートPCポケットはもちろん『最大2泊3日』ぐらいの旅行ならこのバックパックでこなせそうです。

Reo

それではマンティス26の概要を紹介していきますね。

外観と背負った時のイメージ

身長が173cmの成人男性(筆者)が背負うとこんな感じ

ARC’TERYX マンティス26の製品概要
  • サイズ:約 H51cm×W36cm×D13cm
  • 重さ:約907g
  • 素材:ナイロン
  • 背面部分(背中が当たる箇所)は通気性の良いクッション素材
  • ファスナーはYKK
  • 収納の数は4箇所
  • 13インチのPCポケット
  • 両サイドにボトルホルダー

背面部は通気性の良いクッション素材で長時間背負っても蒸れにくくなっていて快適。

ベルトは腰・胸の箇所に一つずつ付いており、登山や重い荷物を運ぶシーンなどに活躍してくれます。

Reo

普段使いの時はあまり使いませんが、もしもの時に便利ですね!

ファスナーにはYKKが用いられ、滑らかに開閉ができます。

そして、ジッパー部分には止水ジッパーに近い物が採用されており多少の雨なら浸水の心配はなし。

しかし過度な期待はしない方がいい、と言うのが正直なところ。

Reo

多少の雨に打たれる日常使いなら十分!って感じです。

表面はナイロン素材で、実際の使用感的に多少の雨なら撥水してくれます。

なので撥水力は一般的なバックパック以上、本格的なアウトドアバックパック未満って感じですね。

なので登山などの本格的なアウトドアでの使用を考えられている場合、他のモデルの方がいいかもしれません。

ARC'TERYX(アークテリクス)
¥28,000 (2024/05/25 18:58時点 | Amazon調べ)

収納部分は全部で4部屋!

次はMantis26の収納部分のご紹介です。

収納は『メイン収納』『小物収納』『サブポケット2つ』の全部で4部屋です。

また両サイドにはドリンクホルダーが付いています。

まずはメイン収納

メインの収納部分の上部にはキーホルダーが付いています。

そしてケースに入れた13inchのノートPCを収納できるホルダー付き。

13inch以上のPCはホルダーには入りませんが、メイン収納部分には収まります!

13inchのMacBookPro(2020年モデル)
Reo

PCホルダーは下まで差し込めるポケットなので、地面にガンっと落とさないように注意してください。

このメイン収納はガバッと下まで開閉できるところが面白く、旅行時のパッキングが非常に楽です。

  • 1泊2日なら余裕。
  • 2泊3日でも大丈夫。
  • 3泊4日は少し厳しい

続いて、小物収納部分

メイン収納のファスナーと並び、バックパックの表側についているポケットです。

ここのポケットは浅めの部屋なので、財布やスマホなど取り出す回数が多い物の収納に適しています。

この収納部分には、ペン3本と小さめのメモが入るくらいのポケットが付いています。

散らばりがちなボールペンや、ApplePencil、印鑑などを収納ができるので嬉しいですね。

続いて、サブ収納の2箇所です。

表部分からみて、V字に左右2箇所についているサブ収納部分。

両サイドから取り出せるというポケットではなく、このポケットは2つとも独立した作りになっています。

モノを小分けにして収納できるので非常に便利です。

奥行きはしっかりと深く、見た目以上に大容量なのがさらに嬉しいポイント。

最後にドリンクホルダー

このドリンクホルダーが両サイドに1つずつ付いています。

差込部分の絞りはかなり狭めに作られているので、

ペットボトルやマイボトルを差し込んだ際のホールド力はかなり強めで滅多な事がない限り、落ちてしまう事はないです。

Reo

僕は折り畳み傘もここに収納しています。

ARC'TERYX(アークテリクス)
¥28,000 (2024/05/25 18:58時点 | Amazon調べ)

Matis26についてよくある質問に答えてみる

PCは何インチまで入りますか?

筆者は13inchのMacBookProを入れており、少し余裕はありますがちょうどぐらいです。

14inchでギリギリ、それ以上は厳しいです。

何泊ぐらいの旅行に使えますか?

荷物の量にもよりますが、『1泊2日』は余裕でしょう。筆者の場合は『2泊3日』なら問題ありません。

実際の使用例:カバンの中身紹介

実際の使用例として、上記画像のような荷物を普段持ち歩きタウンユースしています。

Reo

カフェでブログを書いたりする時にはこんな感じの持ち物を収納しています。

詳細は下記記事をご覧ください。

本記事のまとめ

お疲れ様です。

以上が『ミニマリストが『ARC’TERYX(アークテリクス) Mantis26』をレビュー』でした。

最後に本記事の内容をまとめていきます。

1分で分かる本記事の内容
  • おすすめポイント
    • シンプルでミニマルなデザイン
    • 4部屋ある収納力
    • 背負いやすさ
    • 手を出しやすい価格(記事作成時点でAmazon価格15,000円前後)
    • 耐水性の高さ
  • 唯一の気になる点
    • バックが自立しない

ARC’TERYXブランドの中でも比較的手が出しやすい価格で、それでいてシンプルなデザインが良い。収納力も非常に高く男女ともに人気が高いタウンユースに最適にバックパックです。唯一気になるのは自立しないところだけ。

ARC’TERYX『Mantis26』はこんな人におすすめ!
  • ノマドワーカーを中心とした外で作業をする方
  • 大容量だけど、軽いタウンユースに最適のバックパックを探している方
  • シンプルワントーンのカッコ良くて機能的なバックパックを探している方
ARC'TERYX(アークテリクス)
¥28,000 (2024/05/25 18:58時点 | Amazon調べ)

妻が愛用してるバックパックはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップできる目次