ガジェット

【ビジネスレザーファクトリー】ミニマリストにおすすめのボックスポーチをレビュー

こんにちは、Reoです。

本日のテーマは・・・『【ビジネスレザーファクトリー】ミニマリストにおすすめのボックスポーチをレビュー』です。

『デザイン・機能性・ミニマムなサイズ感・値段の安さ』を満たした、長く使えるいい感じのポーチはありませんか?

バックの中身を綺麗にまとめてくれるポーチですが皆さんはどんな基準で選ばれていますか?

下記のどれか1つに注視すると他が崩れて、なかなかいい感じのポーチが見つけられない・・・

という方って結構いらっしゃるのではないでしょうか?

  • デザイン性
  • 機能性
  • ミニマムなサイズ感
  • 価格の安さ

朗報です。心からおすすめできる””超いい感じ”のボックスポーチを見つけたのでご紹介します。

本記事の内容
  • Business leather factoryとは?
  • ポーチ選びの基準
  • ボックスポーチをレビュー
  • 使用例をご紹介

3,4分で読める記事です。

最後まで読むと『ミニマリストにピッタリなイケてるポーチ情報』を得る事ができます。

ぜひごゆっくりお楽しみください。

Business Leather Factoryとは?

出典:公式HP

ビジネスレザーファクトリーはバングラディシュに自社工場を構える、ビジネスシーンで使いやすい革製品を販売しているメーカーです。

『GOOD PRICE GOOD LEATHER』をコンセプトに、某高級イタリアレザーブランドとも提携のあるタンナー(革なめし業者)と直取引をする事で『質の高い革製品をお手頃な価格』で提供しています。

良いモノが安い!これだけで本当に嬉しい。

あまりのコスパの高さからGoogle検索の予測で『ビジネスレザーファクトリー ダサい』なんてキーワードもでてきます。

結論からお伝えしますが『全くダサくありません。』

むしろ『引き算の美学』を感じる、洗練されたデザイン性を筆者は感じます。

本来は商品の価値を見極めてお買い物を楽しんでほしいですが・・・

他人の目や他の人の意見が気になる・・・

という方でも安心して使っていただけるかと思います。

それほど『デザイン的』に非の打ち所がない、シンプルなポーチです。

ビジネスレザーファクトリー ボックスポーチを紹介

今回記事冒頭でも話した、下記条件を満たしたかなりいい感じのレザーポーチを発見したのでレビューして行きたいと思います。

  • デザイン性
  • 機能性
  • ミニマムなサイズ感
  • 価格の安さ

このポーチは天然の牛革なので、使えば使うだけ『経年変化』を楽しむことができます。

『良いモノを長く使いたい』そんなミニマリスト的思考の方には本当におすすめです。

それではポーチの外観や収納力などを『筆者の使用例』をもとに紹介して行きます。

ボックスポーチの外観とスペック

このボックスポーチのサイズ感は下記の通りで、自立コンパクトなポーチです。

サイズ(高さ×幅×奥行)9.0cm×16.0cm×4.5cm
素材牛本革+裏地は布
内ポケット数3つ
重さ約100gほど
参照:Amazon

ファスナーはもちろん『YKK製』でスムーズかつ丈夫なのも嬉しいポイント。

ファスナーの持ち手にもレザーのつまみがついています。

この小さなポイントが筆者的には大事で、普通の金具剥き出しだと高級感が一気に損なわれる気がします。

ジッパーはシルバー色です。

ブラックのカラーといい感じにマッチしています。

ガジェットポーチとしての使用例

筆者がカフェでブログを執筆する際などに、いつも持ち歩くガジェット類は画像の通りです。

  • SDカードケース
  • MacBookPro用 61W充電器
  • レンズクリーナー
  • ポータブルSSD
  • USB-Cハブ
  • USB『Lightning・C・B』ケーブル3本
  • Apple純正の充電ヘッド

中身はシーンに応じて、多少変化しますがほとんどの場合は上記のものでなんとかなります。

収納ポケットは計3つ

ポーチを開くとメインの収納部分とは別に内ポケットが計3つついています。

片側には大きな内ポケットが1つで『USB-CハブとSDカードケースを収納』する際に活用。

もう片方には小さなうちポケットが2つあり、『レンズクリーナー』などの細かなモノを収納する事ができます。

基本的にはレンズクリーナーを片側にまとめて、もう1つのポケットは余っている事が多いです。

先ほどのガジェット類を収納してみる

ポーチ容量の『約80%』を使用した感じで、画像で見る感じより実際はもっと余裕があります。

最低限のガジェット類を少しの余裕を持して収納できるので、バックの中もすっきりと使えるのが嬉しいですね。

この自分に合った絶妙なサイズ感を見つけるのでに結構苦労しました。

ビジネスレザーファクトリー
ボックスポーチのお気に入りポイントを紹介

最後に『ビジネスレザーファクトリー ボックスポーチ』のお気に入りポイントをご紹介ます。

先に結論から。

このポーチのお気に入りポイントは大きく分けると上記の4つです。
1つずつ紹介しますね。

お気に入りポイント①:絶妙なサイズ感

必要最低限のガジェット類がちょうど収まるサイズ感が非常に気に入っています。

以前までは『ELECOM オーガナイズポーチ』を愛用しており『価格・コスパ・機能性』については非常に満足していました。

しかしポーチ内の容量を余らせてしまい、ポーチの大きさがバックパックの中身を圧迫していました。

適切なポーチのサイズを選びをする事によって、バックの中はスッキリ、荷物もミニマムにできます。

お気に入りポイント②:デザイン性の高さ

一目惚れした大きな理由でもあるのですが、このポーチ外観にブランドロゴの記載が一切なく、ロゴ刺繍は外からは見えない内ポケットのみです。

このシンプルで無駄のないデザイン性がミニマリスト的に本当にツボ。

他は評価が高いのに、ロゴが目立っているので買わない。って事が多いのは僕だけじゃないはず。

お気に入りポイント③:天然牛革の高級感

このツヤツヤとした天然皮革ならではの光沢感と重厚感がもたらす高級感がテンション上がります。

『オレ良いモノを使ってるな〜!』というある種の自己肯定感UPに繋がるところがいいです。

革製品の良いところは『使えば使うだけ味が出て』自分だけのオリジナルになるところが好きなんです。

そんな理由で肌身離さず持ち歩く『iPhoneケース』もApple純正のモノを使っています。

これも非常にお気に入りです。【関連記事】⇨『Apple純正レザーケースをレビュー!』

お気に入りポイント④:価格の安さ

最後はなんと言っても手が届きやすい価格の安さが魅力です。

筆者は実際に『ビジネスレザーファクトリーの店舗』でこのボックスポーチを購入しましたが、『Amazonの価格と全く』同じでした。(執筆時点)

値札を見てスタッフさんに『え?安すぎませんか?』って聞いちゃいました。笑

タンナー(皮なめし業者)さんと直取引、自社工場で製造の2点のコスト管理のおかげで安く製品を提供できるそうです。(スタッフさん談)

読者様も一度『Amazonや楽天市場』で4,000円程度の天然牛革ポーチを探してみてください。筆者は見つけられませんでした。

もし見つかったら是非教えてください。

本記事の内容まとめ

お疲れ様です。

以上が『【レザービジネスファクトリー】ミニマリストにおすすめのボックスポーチをレビュー』でした。

最後に本記事の内容をまとめていきます。

非常にミニマムで天然皮革ならではの『経年変化と高級感』が魅力的なビジネスレザーファクトリーのボックスポーチ。

中でもシンプル・ミニマム思考な方には本当に心からオススメできるアイテムです。

今回紹介した、こだわり『黒』のアイテム類を下記記事でまとめているので是非合わせてチェックしてみてください。

【関連記事】⇨『ミニマリストこだわりの黒のアイテム紹介』

以上で終わりです!さようなら〜!