ガジェット

【SONY】フリーランスカメラマンの所有機材紹介!

こんにちは、Reoです。

本日のテーマは・・・『【SONY】フリーランスカメラマンの所有機材紹介!』です。

フリーランスカメラマンの所有機材を教えてください!

フリーランスカメラマンとして、お仕事をしている僕の機材紹介をします。

主に人物撮影がメインで、スクール撮影やwedding、モデル撮影などを行っています。

またご紹介する機材は写真だけでなく、動画もこなせるプロも納得の機材です!

これから写真や動画を始めたい人の参考になれば幸いです!

本記事の内容

20代フリーランスカメラマンの所有機材紹介!

2,3分でサクッと読める記事です。

最後まで読むと『フリーランスカメラマンがどんな機材を使っているのか?』がわかりますので、ぜひごゆっくりお楽しみください!

フリーカメラマンの所有機材一覧

  1. [ボディ]SONY α7 III ILCE-7M3
  2. [単焦点]SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
  3. [ズーム]TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXDF(Model:A046)
  4. [ズーム]TAMRON 28-75mm F/2.8 DiIII RXD(Model:A036)
  5. [ズーム]TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)
  6. [ストロボ]Godox TT685S

それではフリーカメラマンの僕の機材紹介をしていきます!

カメラやレンズ以外の周辺機材は下記記事でご紹介していますので、併せてチェックしてみてください。

①[ボディ]SONY α7 III ILCE-7M3

僕はこのカメラをメインサブ共に運用しているので、合計2台所有しています!

唯一のデメリットはSONYのボディ・レンズはコストがかかる事。

とずっと言われてきていますが、Canon・Nikonも正直あまり値段が変わらないぐらいになっていきます。

なのに何故SONYなのか?

僕がSONYを選ぶ理由
  • レフ機に比べて軽量なので、現場の機動力に直結する
  • 体積もレフ機より小さい為、持ち運び&現場での取り回し安さに直結する
  • AF性能・解像度・瞳AF etc..どれをとっても一級品
  • 時代はどんどんミラーレスへ。ミラーレス市場を牽引するのがSONYだから。
  • TAMRONやSIGMAなどのサードパーティレンズのラインナップが非常に優秀

伝統あるカメラメーカーのCanonやNikonではなく、僕がSONYを選ぶ理由は上記の通りです。

細かく言えば、もっといいところがあるのですが、キリがないのでこの辺で!

要はSONY機に絶対的な信頼を置いているという事です!

②[単焦点]SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z

40~55mm付近の画角はちょうど人が見ている景色と同じぐらいと表現される画角です!

という事は、今あるその眺めや状況を限りなく人間の目で見た画に近い映像を記録できます。

主にモデル撮影やwedding partyなんかでの撮影で使っています。

またカールツァイスレンズ特有のボケ感とシャープな解像感。まるで急に写真が上手くなった!と感じるぐらい素晴らしいレンズです!

とは言え、これからカメラを始める人には中々ハードルもコストも高いレンズです。

そこでオススメなのが・・・

レンズ入門の撒き餌レンズで、驚きの低価格なのに、背景を超ぼかす事ができる優秀なレンズです!

初心者の方やステップアップを考えている方は、まずこちらのレンズをお勧めします♪

③[ズーム]TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXDF(Model:A046)

狭い会場での集合写真などどうしても超広角レンズじゃないと撮影できない会場もある為、このレンズはカメラバッグに絶対に忍ばせているレンズです!

他にも風景や建物、カフェで恋人を撮影するシーンなど、ダイナミックな表現から被写体と距離を空ける事ができない室内で特に活躍してくれます。

僕達は旅VLOG(VideoBlog)も撮るのですが、
自撮りをする際このレンズだとしっかり2人を写してくれるので動画撮影の際にはかなり重宝しています!

④[ズーム]TAMRON 28-75mm F/2.8 DiIII RXD(Model:A036)

会場の構造上どうしても単焦点レンズでは撮り逃しをしてしまいそうなリスクがある時にはこのレンズをつけて撮影をしています!

こちらのレンズは僕がa7IIIを買う際に一緒に買うべきレンズNo.1だと考えるレンズです。

よくボケるし、広角も中望遠もこなす。正直これ1本で動画も写真も全て可能です。

⑤[ズーム]TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)

¥73,000 (2022/03/13 18:03時点 | Amazon調べ)

このレンズは主にスクール撮影などの子供達を撮影するお仕事の時にメインで使っています!

これレンズの魅力は、広角は28mmまで撮影できるので、集合写真を撮影できたり、離れたところから望遠200mmで子供達の自然な様子を撮ったり、運動会も撮影できたりします!

それでいてF値は2.8~5.6と便利ズームなのにかなり明るいレンズです!

なのでしっかりお子様の成長記録を残したいママさんパパさんには本当にお勧めのレンズです!

子供たちの動きって本当に予測できないので、広角も望遠もこなせるレンズがあるととても便利です!

また旅行に行く時など荷物をできるだけ減らしたい時はこのレンズが1本あれば動画も写真もなんでもこなしてくれるます!

⑥[ストロボ]Godox TT685S

2022年1月 僕が使っているストロボは旧モデルで、上記商品リンクは第2世代のものになります。

第1世代のものは販売中止になっているようです。

僕もできれば、純正のストロボを使いたいのですが、純正ストロボは何といってもお値段が高すぎる・・・

予備ストロボは絶対いるので、最低でも2台必要となれば純正なら約80,000円。

でもGodoxなら2台で30,000円でお釣りが来ます。

それなら浮いたお金で違うレンズ購入に当てたいところ!それに壊れれば、修理に出すより、また買い直せるのがいいポイント!

実際仕事現場でもパフォーマンスは純正と大差はないので、僕はGodox使っています。

純正のストロボではないので、運用の際は自己責任で!
2年半ほど運用していますが、故障もしていないので僕はお気に入りです!

フリーカメラマンの僕の所有機材 まとめ!

  1. [ボディ]SONY α7 III ILCE-7M3
  2. [単焦点]SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
  3. [ズーム]TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXDF(Model:A046)
  4. [ズーム]TAMRON 28-75mm F/2.8 DiIII RXD(Model:A036)
  5. [ズーム]TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)
  6. [ストロボ]Godox TT685S

お疲れ様です!
以上がフリーカメラマンの僕の所有機材でした!

適材適所レンズを使い分けて、被写体の良さが最大限引き出せるレンズを選んでください〜!

続いては、カメラの周辺機材のご紹介です!
下記リンクから次のページに行ってみよう!