【12選】コーヒーを溺愛するミニマリストの愛用コーヒー道具紹介

Reo

どうも、れお(@reolog_life)です。夫婦2人暮らしのインテリア好きミニマリストです。

本日のテーマは・・・『【12選】コーヒーを溺愛するミニマリストの愛用コーヒー道具紹介』です。

悩める人

これからハンドドリップでコーヒーを淹れてお家カフェを楽しみたい初心者なんですが、おすすめコーヒー道具はありますか?

コーヒーって本当に奥が深い嗜好品の1つで、毎日飲むコーヒー愛飲家の方も多いかと思います。

もちろんお店で飲むコーヒーも美味しいですが、自宅で気軽にとっておきのコーヒーが飲めると嬉しいですよね。

そんな筆者夫婦2人ともコーヒーを溺愛しており、コーヒー道具も充実してきたのでご紹介します。

本記事では

  • ミニマリスト夫婦おすすめのコーヒー道具紹介
  • 【初心者向け】コーヒー道具の選び方
  • コーヒー関連の周辺アイテム紹介

について紹介します。

今回紹介するアイテムは全て『Amazonや楽天市場』で購入する事ができますので、気になるものがあればチェックしてみてくださいね。

Profile

Reo
Minimalist / Blogger / Photographer

  1. インテリアが好きなミニマリスト
  2. 夫婦2人暮らし
  3. コーヒーが大好き
  4. ブログ歴3年半
タップできる目次

【12選】コーヒーを溺愛するミニマリストの愛用コーヒー道具紹介

それでは早速『コーヒーを溺愛する20代ミニマリスト』が愛用する初心者にもおすすめできるコーヒー道具一覧を先にご紹介します。

コーヒー道具一覧
  • ハンドドリップコーヒーに関連するアイテム
    1. 【ドリッパー】Kalita 陶器製コーヒードリッパー 2~4杯用
    2. 【サーバー】KINTO(キントー)コーヒーサーバー 600ml
    3. 【フィルター】Kalita(カリタ)コーヒーフィルター 102濾紙 箱入り 2~4人用 40枚入り
    4. 【ケトル】Karita(カリタ) ウェーブコーヒーポット 1L
    5. 【電動コーヒーグラインダー】De’Longhi (デロンギ) コーン式コーヒーグラインダー デディカ
    6. 【手動コーヒーグラインダー】Kalita(カリタ) 手挽きコーヒーミル
    7. 【スケール】Latuna キッチンスケール
    8. 【温度計】TANITA(タニタ)スティック温度計
  • それ以外のコーヒーアイテム
    1. HARIO(ハリオ)水出しコーヒーポット
    • 波佐見焼のマグカップ
    • Standard Products ガラスコップ 520ml
    • MARNA(マーナ)コーヒーかす消臭ポット

アイテム①:Kalita 陶器製コーヒードリッパー 2~4杯用

KalitaのコーヒードリッパーはHARIO式に比べて、時間をかけてドリップされるので抽出時間が増える事で苦味やコクがグッと増す特徴があります。

まあ安定した味を出しやすいのも特徴です。

ドリッパー大きく分けて3つに分かれる

  • ハリオ式
  • カリタ式
  • メリタ式

そして熱伝導率・保温性・耐久性・値段に差がでる『陶器・ステンレス・プラスチック』から好みの材質を選びます。

Reo

陶器製にした事で見た目も可愛く、保温力も高いので熱々コーヒーを楽しめます。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

アイテム②:KINTO(キントー)コーヒーサーバー 600ml

耐熱ガラスのサーバーは割りそうで避けていたのですが、中身も見えるし、洗浄もしやすいので機能的。

また見た目もステンレスサーバーより良いのもお気に入りポイントです。

KINTO(キントー)
¥1,430 (2024/02/26 12:48時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

アイテム③:Karita(カリタ)コーヒーフィルター 102濾紙 箱入り 2~4人用 40枚入り

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

フィルター選びの際は『ドリッパーのサイズと形』に併せて選びましょう。

ペーパーフィルターは主に下記2つの形に分かれます。

  • 円錐型:ハリオ
  • 台形型:カリタ・メリタ

今回紹介しているフィルターはアイテム①で紹介したドリッパーに合わせたサイズになります。

アイテム④:Kalita(カリタ) ウェーブコーヒーポット 1L

Karita(カリタ)
¥7,873 (2024/02/28 19:45時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

レトロな見た目が非常にツボで見た目買いしてしまったコーヒーケトル。

IHにも対応してくれているのが嬉しい。

以前は細かな温度調整ができる『電気ケトル』を使っていましたが、電源が必要なので設置が面倒というデメリットがありました。

Reo

災害時もこのケトルならタフに使っても安心です。

注ぎ口もコーヒーポットというだけあって絶妙な細さでドリップしやすいのも魅力です。

アイテム⑤:De’Longhi (デロンギ) コーン式コーヒーグラインダー デディカ

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

コーヒーは挽きたてが香りもよく1番美味しいので、せっかくハンドドリップでコーヒーを楽しむならぜひ『豆を挽くところから』楽しむのがおすすめ。

そしてコーヒーミルは『手動・電動』の2種類がありますが筆者は両方共持っています。

Reo

ただ楽さ的に日常使いはほとんど電動です。

De’Longhi (デロンギ) デディカを選んだ理由は下記の通り

  • 見た目がスマートでかっこいい
  • 豆の容量が350g入る大ので容量
  • コーン式のグラインダーであること
    →味・香り・雑味に影響する
  • 18段階で挽き方を調整できる

少々お高めでしたが、インテリア的にも見た目が良く買って良かったです。

アイテム⑥:Kalita(カリタ) 手挽きコーヒーミル

Kalita(カリタ)
¥2,580 (2024/02/26 12:48時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

日常使いではあまり登場しませんが、このレトロな見た目がとても可愛いので手放せずにいます。

電動にはない魅力は、挽いている最中もコーヒーの香りを楽しめること。

Reo

無心でコーヒーを挽く時間が意外と良かったりするんです。

ただコーヒーは毎日飲むので、流石に手間がかかるのも正直なところなので、出番はたま〜にですね。

アイテム⑦:Latuna キッチンスケール

スケールは『お湯量や豆の量』を測る際に使います。

より精密に安定した味を再現するには『スケールは必須』です。

これは普段の料理にも使うアイテムでコーヒーと兼用しています。

Reo

正直コーヒー専用のスケールとかも欲しいんですけど高いんですよね。

ちなみに狙っているスケールはこれ

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

アイテム⑧:TANITA(タニタ)スティック温度計

タニタ(Tanita)
¥3,000 (2024/03/01 01:10時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

コーヒーはドリップする時の温度で『味・香り・コク・苦味・酸味』が変化します。

基本的には『90~95℃』でドリップするのが適温とされています。

Reo

沸騰直後の100℃近い熱湯で淹れると色々台無しになるので少し冷ますのが大事。

個人的には『87~90℃』のお湯で淹れるのが好みで、味・苦味のバランスがよく円やかさが如実に反映されるのでおすすめです。

このようにより自分好みのコーヒーを入れるには温度計は必須なわけです。

1本あれば『揚げ物』をするときなんかにも使えるので便利ですよ。

その他アイテム①:ハリオ 水出しコーヒーポッド

ここからはハンドドリップの際に使うアイテム以外に愛用しているコーヒー関連グッズをご紹介していきます。

まず1つの目のアイテムは『ハリオ 水出しコーヒーポッド』です。

Reo

この記事の中で1番読者の皆さんにおすすめしたい『コーヒーグッズ』です。

この水出しコーヒーポッドは『挽き済みのコーヒー豆』をフィルターに淹れて、水を注ぎ一晩(8時間)放置するだけで、美味しい水出しアイスコーヒーを作る事ができます。

アイスコーヒーをペットボトルで購入している方には特におすすめです。

メリット・デメリットはこれ

  1. メリット
    1. 手間をかけずに水出しアイスコーヒーを作る事ができる
    2. 来客時になどに便利
    3. 手作りなので経済的
    4. 価格が安い
  • デメリット
    • 洗浄しずらい
    • 豆が細かすぎると、最後粉っぽさが残る

その他アイテム②:波佐見焼のマグカップ

陶器なのでステンレスマグと大差ない保温力があり、『和』を感じる見た目がおしゃれでお気に入りです。

aizengama no.1210
¥2,024 (2023/06/25 11:57時点 | 楽天市場調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

その他アイテム③:Standard Products ガラスコップ 520ml

いろんなグラスやタンブラーを使いましたが、今はStandard Products ガラスコップに落ち着いています。

大容量で見た目もシンプルそれでいて『価格が220円』と激安なのも嬉しい。

Reo

見つけたらぜひ買ってみてください。

その他アイテム④:MARNA(マーナ)コーヒーかす消臭ポット

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

8つ目のアイテムは『MARNA(マーナ)コーヒーかす消臭ポット』です。

  • 重さ:260g
  • サイズ:高さ10.4cm×直径9.2cm
  • 蓋部分はシリコン素材
  • ボディ部分は陶磁器素材

ハンドドリップ時に出たコーヒーかすをフィルターごとポットに入れることで、コーヒーかすを消臭剤として再利用する事ができます。

Reo

捨てるはずだった『コーヒーかすが消臭剤』になる便利なアイテムです。

本記事のまとめ

お疲れ様です。

以上が『【12選】コーヒーを溺愛するミニマリストの愛用コーヒー道具紹介』でした!

最後に本記事の内容をまとめていきます。

本記事のまとめ
  • ハンドドリップコーヒーに関連するアイテム
    1. 【ドリッパー】Kalita 陶器製コーヒードリッパー 2~4杯用
    2. 【サーバー】KINTO(キントー)コーヒーサーバー 600ml
    3. 【フィルター】Kalita(カリタ)コーヒーフィルター 102濾紙 箱入り 2~4人用 40枚入り
    4. 【ケトル】Karita(カリタ) ウェーブコーヒーポット 1L
    5. 【電動コーヒーグラインダー】De’Longhi (デロンギ) コーン式コーヒーグラインダー デディカ
    6. 【手動コーヒーグラインダー】Kalita(カリタ) 手挽きコーヒーミル
    7. 【スケール】Latuna キッチンスケール
    8. 【温度計】TANITA(タニタ)スティック温度計
  • それ以外のコーヒーアイテム
    1. HARIO(ハリオ)水出しコーヒーポット
    • 波佐見焼のマグカップ
    • Standard Products ガラスコップ 520ml
    • MARNA(マーナ)コーヒーかす消臭ポット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップできる目次