ミニマリストの『AppleWatch活用術12選』を紹介

Reo

どうも、れお(@reolog_life)です。夫婦2人暮らしのインテリア好きミニマリストです。

本日のテーマは・・・『20代男性ミニマリスト『AppleWatch活用術12選』を紹介』です。

悩める人

ミニマリストさんってどんな感じでAppleWatchを活用してるの?

スマートでミニマルな見た目な『AppleWatch』に興味はあるけど、持て余さないかな〜と迷っている人もいるのではないでしょうか?

実は元々筆者もその1人でしたが、正直もっと早く買えばよかったなと思うぐらい意外と便利なんです。

筆者が愛用しているのは『AppleWatchSE(第一世代)』

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo
Reo

新品なら現行モデルの第2世代の方が安いのでそっちがおすすめです。

話は戻りますが、本記事では『20代男性ミニマリストのAppleWatch活用術』を紹介します。

色々あるAppleWatchの中でも『SEモデル』を選んだ理由は下記記事紹介しているので合わせてご覧ください。

Profile

Reo
Minimalist / Blogger / Photographer

  1. インテリアが好きなミニマリスト
  2. 30歳夫婦2人暮らし
  3. コーヒーが大好き
  4. ブログ歴もうすぐ4年
タップできる目次

20代男性ミニマリストの『AppleWatch活用術』を紹介

早速結論からお伝えすると『20代男性ミニマリストのAppleWatch活用術』は下記の通りです。

AppleWatch活用術

  • 通知・連絡内容の確認
  • 電子決済をする
  • Suicaを使って交通機関を利用する
  • 『Spotify』などの音楽アプリの操作
  • 『NikeRunClub』を使ってランニングをサポート
  • 万が一のための『転倒検出機能』を活用
  • 『地図アプリ』と連動して、手元で経路を確認できる
  • アラーム・タイマー・ストップウォッチを使う
  • 睡眠の質を測定する
  • iPhoneのロック解除
  • 『LINE』の定型文返信
  • iPhoneと連携して、リモートコントロールで写真を撮れる
Reo

1つずつ解説しますね。

通知・連絡内容の確認

AppleWatchを導入してまず初めに『うわ、便利だな〜』と感じる機能の1つです。

通知・連絡内容の確認

  • 『LINE』や『メール』ほかメッセージアプリの通知・内容確認
  • 電話の通知
  • その他アプリのポップアップ系の通知

ただ通知を確認するだけならiPhoneだけでいいんですが、

  • 仕事中・会議中などのスマホを触り辛いシーン
  • ワークアウト中
  • バッグ内にスマホをしまっている時

上記のシーンでサッと通知内容を確認できるので、万が一の連絡も逃す事がなくなります。

Reo

特に仕事中の通知はスマホを取り出さなくていいので便利です。

電子決済をする

2つ目は『電子決済をする』です。

悩める人

ただピッと決済するだけならiPhoneでもよくない?

と感じる方もいるかもしれませんが、本当に便利なのは『iPhoneがなくても』AppleWatch単体で決済できる事です。

例えば

iPhoneを自宅に置いて、AppleWatchだけ付けてランニングに行く

みたいなシーンでも『ApplePay』に事前に決済手段を登録しておけば決済ができるんです。

Reo

ランニング中にポケットにスマホって結構重いんですよね・・・

Suicaを使って交通機関を利用する

3つ目の『Suicaを使って交通機関を利用する』です。

『設定→ウォレット』にて『エクスプレスカード』にSuicaを予め登録しておくと、

何もせずただ改札機にAppleWatchをかざすだけで入場する事ができます(もちろんバスも)

Reo

毎回スマホを取り出す必要もないのでこれが結構便利なんです。

『Spotify』などの音楽アプリの操作

4つ目は『『Spotify』などの音楽アプリの操作』です。

iPhoneで再生中の音楽を操作する事は当たり前ですが、『AppleWatch+AirPods』でスマホ無しでも音楽を再生&操作する事ができます。

Reo

AppleWatchに予め音楽をダウンロードしておく事で、オフライン再生が可能になります。

僕の場合『Spotify』を使ってプレイリスト作成→ダウンロードして、『AppleWatch+AirPods』だけをもってランニングをするときに活用しています。

『NikeRunClub』を使ってランニングをサポート

5つ目は『『NikeRunClub』を使ってランニングをサポート』です。

『AppleWatch』のGPS機能を使って、上記画像の様にランニングのデータを記録してくれます。

これに加えて

  • 『Apple純正地図アプリ』と連動してランニングコースも合わせて記録
  • 1Kmごとのスプリット
  • 天気・気温

などランニングデータをみっちり記録してくれるので、モチベーションUPにも繋がります。

Reo

自分でもびっくりするぐらいタイムが遅いのはスルーしてください笑

万が一のための『転倒検出機能』を活用

6つ目は『万が一のための『転倒検出機能』を活用』です。

転倒検出機能とは?

万が一命の危険が伴う転倒があった場合『SOS or 大丈夫です』を選択すれば救急隊を呼ぶ事ができます。

もしこの選択をしなかった場合は自動で救急隊を呼んでくれる機能です。

もし自分の身に何かがあって『強い転倒をする様な事』があればAppleWatchが助けてくれるかもしれません。

Reo

まだ年齢も若いので『ワークアウト時』のみ有効にしています。

お年寄りの方など『日常から激しい動きをしない事が確定している人』にはとても便利な機能ですね。

『地図アプリ』と連動して、手元で経路を確認できる

7つ目は『『地図アプリ』と連動して、手元で経路を確認できる』です。

あなたも地図アプリをナビ代わりに使う事があると思いますが、手元が塞がるのでスマホをずっと持って動くのって結構ストレスだったりしませんか?

Reo

そんな時、AppleWatchの画面で経路確認する事ができます。

また『右左折、手前の合図』など、振動で伝えてくれるのも結構便利だったりします。

アラーム・タイマー・ストップウォッチを使う

8つ目は『アラーム・タイマー・ストップウォッチを使う』です。

時間にまつわるアレコレをAppleWatchでも簡単に操作できます。

Reo

iPhoneでもできる事ですが、サッと手元で測れると便利なシーンもあります。

特に個人的にお気に入りなのが『アラーム』を利用する時。

毎朝iPhone純正の爆音メロディで起こされるのって結構苦痛だったりしませんか?

AppleWatchを装着してアラームをかけて眠ると、無音で『手元の振動』で起こしてくれるので、起こされる不快感がだいぶ軽減されます。

結構地味ですが、気持ちいい朝のスタートを切れるのでぜひ使ってほしい機能です。

睡眠の質を測定する

9つ目は『睡眠の質を測定する』です。

あなたは自分の睡眠の質がどのくらいのものなのか?を把握していますでしょうか?

Reo

筆者は『Somnus』という無料のアプリを使って測定しています。

Somnus』はこんな事ができます

  • 浅い睡眠
  • 深い睡眠
  • 起床時間
  • 睡眠時間
  • 睡眠効率
  • 中途覚醒数
  • 中途覚醒時間
  • 日記

上記の項目に基づいて『今回の睡眠が何点なのか?』を数値化してくれるのがありがたいですね。

Reo

人生の『1/3』は睡眠なので、良い睡眠をしたいものです。

少し話は逸れますが『睡眠の質に関わる”寝具類”』にはとてもこだわっています。

ミニマリスト夫婦のこだわりの寝具は下記記事でまとめているのでぜひご覧ください。

iPhoneのロック解除

10個目は『iPhoneのロック解除』です。

最近ではコロナ禍もだいぶ落ち着いてノーマスクでも問題ない事が多くなりましたが、

『FaceID』搭載のiPhoneの場合マスクをしているとiPhoneのロックが毎回面倒という事がありましたよね。

Reo

AppleWatchを装着しているとそのロック解除をスキップできるので便利です。

わずか『0.何秒』の差ですがノーマスクの今でもほぼノータイムでロック解除ができるのが意外と便利だったりします。

『LINE』の定型文返信

11個目は『『LINE』の定型文返信』です。

1人暮らしの人はあまり関係かったりするかもですが、カップル・夫婦・家族世帯なんかの人はぜひ使ってほしい機能です。

筆者も学生時代よく母親に『今日、夜ご飯いるか早めに教えて!!!』と何度も怒られましたが、毎回その連絡をするのがめんどくさかったりするんですよね。

Reo

そんな時も数タッチで定型文を送る事ができるのでかなり便利です。

今は筆者は妻との2人暮らしをしていますが、

  • 仕事帰りに『今から帰ります!』であったり、
  • 『了解!』の返事だったり、

よく使う定型文を『LINE』から設定できるのでぜひ使ってみてください。

iPhoneと連携して、リモートコントロールで写真を撮れる

12個目は『iPhoneと連携して、リモートコントロールで写真を撮れる』です。

正直使用シーンはかなり少ないですが、たまに大学時代の友人と集まったりする時など集合写真を撮る時結構便利だったりします。

Reo

タイマーを設定して全力疾走する必要もなくなるわけです。

『タイマーは3秒』のみですが、手元のAppleWatchの画面をタッチするだけで簡単に撮影ができます。

本記事のまとめ

お疲れ様です。

以上が『20代男性ミニマリスト『AppleWatch活用術12選』を紹介』でした。

最後に本記事の内容をまとめていきます。

本記事のまとめ

AppleWatch活用術

  • 通知・連絡内容の確認
  • 電子決済をする
  • Suicaを使って交通機関を利用する
  • 『Spotify』などの音楽アプリの操作
  • 『NikeRunClub』を使ってランニングをサポート
  • 万が一のための『転倒検出機能』を活用
  • 『地図アプリ』と連動して、手元で経路を確認できる
  • アラーム・タイマー・ストップウォッチを使う
  • 睡眠の質を測定する
  • iPhoneのロック解除
  • 『LINE』の定型文返信
  • iPhoneと連携して、リモートコントロールで写真を撮れる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップできる目次