スキンケア

【スキンケア】あなたは大丈夫?肌荒れの原因になる悪習慣【5選】

読者の皆様こんにちは!

本日のテーマは・・・【スキンケア】あなたは大丈夫?肌荒れの原因になる悪習慣【5選】】です。

最近、肌がカサカサしたり、ニキビとかテカリが気になる。。。
なんか肌に悪い習慣でもあるのかな・・・

肌に悪い!と分かっていながらもついつい夜更かししたり、脂っぽい食生活が続いたりしていませんか?

見た目が全てではないけど、「清潔感に直結する肌の状態」は第一印象に大きく影響します。

本日はスキンケアのお勉強!という事で、「肌に悪い悪習慣5選」をご紹介致します。

本記事の内容
  • 肌に悪い悪習慣5選を紹介
  • 正しいシェービングのやり方
  • 正しいスキンケアのやり方

2,3分でサクッと読める記事になっています。

最後まで読むと、「肌に悪い、正すべき悪習慣」がわかりますので、是非最後までごゆっくりお読みください!

肌荒れの原因になる悪習慣【5選】をご紹介

それでは早速代表的な「お肌に悪い悪習慣5選」をご紹介致します。

もし自分の生活習慣が下記のような悪習慣になっている人は、これを気に改善するようにしましょう!

まずは結論から見ていきましょう、「お肌に悪い代表的な悪習慣」は下記の5つです。

  1. 誤ったスキンケアをしている
  2. 睡眠不足
  3. 紫外線対策をしていない
  4. 食生活の乱れ
  5. 運動不足

それでは一つづつ解説していきますね!

悪習慣①:誤ったスキンケアをしている

1つ目の悪習慣は「誤ったスキンケアをしている」です。

ここで言うスキンケアは「化粧水や乳液をつける」だけでは無く、下記の内容を全て指します。

  1. シェービング
  2. 洗顔
  3. 化粧水や乳液の付け方

誤ったスキンケア①:シェービング

みなさんはシェービングに【電動かT字シェーバー】どちらを使われていますか?また各々正しい手順でシェービングをできていますでしょうか?

誤った方法でシェービングをすると、下記のような影響が出てしまいます。

  • 肌のヒリヒリ
  • 肌に赤みがでる
  • ニキビの原因になる
  • かぶれやアレルギーの原因になる

「カミソリ負けをよくする」と言う男性はもしかすると誤った方法でシェービングしているかもしれません。

下記記事を参考にして、「正しいシェービング方法」を覚えて帰ってくださいね。

誤ったスキンケア②:洗顔

朝の洗顔は「寝ている間についたホコリや皮脂」を落とし、夜の洗顔は「皮脂やホコリ、古い角質」などを落とします。

ニキビやテカリ等の肌トラブルを予防する為にも洗顔はスキンケアの中でも重要な工程です。

しかし、下記のように誤った方法で洗顔をすると「乾燥」したり、肌を傷つけたりむしろ状態が悪化する可能性があります。

  • 肌のタイプに合わせた洗顔料選び
  • 強すぎるゴシゴシ洗顔はNG
  • 泡立てず、いきなり肌につける

男性はすっきりとした洗い上がりを好む方が多い傾向にあり、メントールがスクラブ入りなどの洗浄力が強い洗顔料が数多く存在します。

しかし自分の「肌のタイプに合わせた」洗顔料を選ばないと、かえって乾燥が進行する可能性があるので注意が必要です。

また気持ちいからとゴシゴシ洗顔もNG、面倒臭いからと泡立てずつけるの肌にとってはかなり負担のかかる行為になりますので注意してくださいね!

自分の肌タイプがわからない!と言う方は下記記事で「肌タイプの特徴と肌タイプ別のスキンケア方法」を解説していますので、併せてチェックすることをお勧めいたします。

誤ったスキンケア③:化粧水や乳液のつけ方

最後は「化粧水と乳液のつけ方」についてです。

化粧水をたっぷりつけると「潤っている気がします」が、実際のところは「肌が一度に吸収できる水分」には限界があります。

必要以上に化粧水を付けると、有り余った水分が蒸発する際に肌の水分も一緒に蒸発すると言われています。

沢山つけたからって言い訳ではないんです!肌タイプにもよりますが、製品毎に記載されている用量用法をきちんと守ってつけましょう!

乳液も同様つけすぎると、「毛穴が詰まりニキビや黒ずみ」の原因になったりします。

付ける箇所も全体的に付けるのではなく、

皮脂分泌が多いおでこ・鼻の「Tゾーンはサッと」、乾燥しやすい頬・顎・首の「Uゾーンはしっかりと」塗り分ける事が大事です。

正しいスキンケアの手順がわからない方は下記記事にて解説していますので、併せてチェックしてみてくださいね!

悪習慣②:睡眠不足

2つ目の悪習慣は「睡眠不足」です。

“睡眠不足は健康な肌の大敵”と言うのは何となく知っている方も多い方思いますが、

こちらのトピックでは「睡眠不足とお肌」がどのような関係性があるのかを簡単に解説していきます。

健やかなお肌を保つターンオーバー(肌代謝)は睡眠中に活性化し、このターンオーバーを促す成長ホルモンの分泌量のピークは午後22時〜午前2時の間になります。

つまり適切な就寝時刻に睡眠できなかったり、睡眠不足になるとターンオーバーが乱れて、古い角質が表面に残り肌荒れを起こしやすい状態になります。

また私達の心身に関わる、「自律神経」は下記の2つで構成されています。

  1. 交感神経
    ⇨普段は日中など活発に活動する際に優位になり、緊張状態を作り出す
     
  2. 副交感神経
    ⇨休息している時などに優位になり、リラックス状態を作り出します。
     

睡眠不足になると「①交感神経が優位」になり、交感神経は「男性ホルモン」の分泌を促し、皮脂量が増える事で肌トラブルにつながってしまします。

皮脂量が増えると「ニキビやテカリ」の原因なります、詳細は下記記事をチェックしてみてください。

つまり適切な時間と十分な睡眠をとる事は、綺麗で健やかな肌を保つには非常に重要な要素になるというわけです!

アロマを焚いたり、湯船に使ってリラックスする事で、副交感神経を優位にすると入眠しやすくなったりしますので、是非試してくださいね!

慢性的に睡眠不足になっている方は、頑張って睡眠時間を確保するように頑張ってくださいね!

悪習慣③:紫外線対策をしていない

3つ目の悪習慣は「紫外線対策(UVケア)をしていない」です。

特に男性は女性に比べて「紫外線対策に対する」意識が低い傾向にあり、

むしろ「日焼けをする事」に抵抗がない男性が多いかと思いますが、皆さんはいかがでしょうか?

紫外線による肌の影響で身近なものは、下記のものがあげられます。

  • 急性的な影響:日焼け
  • 慢性的な影響:シワ、シミ、たるみ

紫外線は肌に蓄積する特徴があり、「今は大丈夫」でも将来的にシワやシミなどの症状が出て「実年齢より老けてみられる」原因の1つになります。

下記記事でより詳しく、「男性もするべき紫外線対策の重要性」について解説していますので、併せてチェックしてみてください。

悪習慣④:食生活の乱れ

4つ目の悪習慣は「食生活の乱れ」です。

手軽に、かつ安く美味しいものが手に入る世の中なので、つい「食べ過ぎたり・飲み過ぎたり」してしまう人もいいのではないでしょうか?

  • 偏った食事(栄養不足)
    ⇨肌を作るためのビタミンやタンパク質などが不足すると健康な肌が作られにくくなる
  • 食べ過ぎ・飲み過ぎ
    ⇨胃腸に負担をかけると、肌がくすんだり血行が悪くなる
  • 水分不足
    ⇨睡眠をしっかりとっていても、水分が不足しているとターンオーバーが乱れにつながる

上記のように、「食」は体を作るための重要な要素になります。

バランスの良い食事としっかりと水分を取る事が綺麗な肌を作る為には非常に重要です。

バランスの取れた食事は体型維持にも繋がります。
第一印象を決める上で体型(見た目)はかなり大事なので、意識していきましょう!

悪習慣⑤:運動不足

5つ目の悪習慣は「運動不足」です。

適度に運動する事は肌の事だけではなく、体に嬉しいメリットがたくさんああります。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をする事で、心拍数が上がり「血行が良くなる」事で体の隅々まで酸素が行き渡ります。

また運動に伴い「発汗」をする事で肌の水分が増して、角質が柔らかくなり、毛穴に溜まった余分な皮脂を排出する事で毛穴の黒ずみを防ぐ事が期待できます。

また運動による適度な疲れは入眠のしやすさにも影響します。
なかなか寝つきにくい方はリフレッシュにもなるので軽い運動をしてみましょう!

【スキンケア】あなたは大丈夫?肌荒れの原因になる悪習慣【5選】
まとめ

お疲れ様です!

最後に本記事の内容をまとめていきます!

  1. 誤ったスキンケアをしている
  2. 睡眠不足
  3. 紫外線対策をしていない
  4. 食生活の乱れ
  5. 運動不足

綺麗な肌は第一印象を良くする大きな要素の1つになります。

忙しい世の中ですが、1つずつでいいので肌荒れの原因になる悪習慣を改善していきましょう!

それではさようなら〜!