my minimalism

20代男性ミニマリストのシンプルな6つのお買い物ルール

こんにちは!れおです!

本日のテーマは・・・20代男性ミニマリストのシンプルな6つのお買い物ルールです!

ミニマリストってどんな基準でモノ選んでいるのか気になります・・・

モノが少ないミニマリストは所有するモノを厳選します。

最低限しかモノを持たないけど、不便にはならない為に、ある6つのルールに則ってモノを選んでいます。

本日はミニマリストのシンプルな6つのモノ選びルールをご紹介します。

本記事の内容
  • モノを選ぶ際の注意点
  • 6つモノ選びのルールを解説

3分ほどでサクッと読める記事です。

最後まで読むと、無駄な買い物が減ったり、ミニマリスト視点でモノを選ぶ為のルールがわかるようになります。

1人の20代ミニマリストとしての考えです。少しでも読者様のお役に立てる内容であれば幸いです。

それではごゆっくりお楽しみください。

20代男性ミニマリストのシンプルな6つのお買い物ルール

筆者がモノを購入する際に毎回心で唱える質問があります。

それは「今より自分を豊かにしてくれるモノであるか?」と質問です。

これだと少し抽象的なのでもう少し具体的にする、記事冒頭でもお話しした6つのルールにわけられます。

  1. 消費か?浪費か?
  2. お金を生み出してくれるかどうか
  3. 時間を生むかどうか?
  4. 価値ある経験をさせてくれるか?
  5. コンパクトで軽いか?
  6. ときめいているか?

以上6つが無駄なモノを増やさない・買い物を失敗しない為のルールです。

それではもう一歩掘り下げ1つずつご説明します。

①消費か?浪費か?

経済的自由を目指す為に、非常に重要な考え方の一つです。

筆者は下記の図書、『金持ち父さん貧乏父さん』の影響を強く受けています。

お買い物の際に、消費か?浪費か?毎回自問自答しています。

  • 消費とは・・・必要なモノ
  • 浪費とは・・・必要以上のモノ

人それぞれ消費と浪費の線引きは変わります。

もう少しわかりやすく言えば、【必要以上のモノは購入しない】と言う事です。

『お金』だけに捉われず、ソレを購入する事で『幸せ』を感じるのであれば『消費』として考えています。

②お金を生み出してくれるかどうか?

2つ目のルールは『お金を生み出してくれるかどうか?』です。

お金を産んでくれるモノには資産が許す限りはケチらずに積極的にお金を使います。

ブロガーを例にするなら、快適に記事を書くための環境へお金を使う事は投資だと考えています。

モチベを維持できる、テンションがあがるモノに囲まれると生産性もあがりますからね!

③時間を生むかどうか?

3つ目のルールは『時間を生むかどうか?』です。

お金と同等以上の価値があるのが『時間』で、『時間を生み出してくれるもの』にもしっかりとお金をかけるようにしています。

  • 自動化してくれたり
  • 効率化してくれたり
  • 手間を解消してくれたり

わかりやすくいうと上記のような『サービスやモノ』にお金をかけています。

もう少し具体的にいうと、下記のサービスを上手に活用して、時間を生み出すようにしています。

そんなミニマリストの筆者がおすすめする利用してよかったオススメサービスは下記記事でご紹介していますので、併せてチェックしてみなさんも『時間を生み出して』いきましょう!

④価値ある経験をさせてくれるか?

4つ目のルールは『価値ある経験をさせてくれるか?』です。

やっぱり『面白い経験』をしている人って人間としての厚みが違うんです。

筆者は大学生の時に卒業旅行で11泊13日ハワイへ行きました。

この経験があるから『夢や目標』ができて、それを叶えるための原動力がうまれたりします。

モノやサービスを購入するときでも『しっかりと価値ある経験』になるかどうかをしっかり考えるようにしています。

⑤コンパクトで軽いか?

5つ目のルールは『コンパクトで軽いか?』です。

どんなモノでも『コンパクトで軽い』は正義だと考えている、ミニマリストの方は多いはず。

何がいいか?ってコンパクトで軽いモノって体に負担をかけにくいので『フットワークの軽さ』へ直結します。

フットワークが軽いと、④でご紹介した『価値ある経験』に遭遇する可能性が高まるはず!

何がターニングポイントになるかわからないので、チャンスを逃さないようになるべくフットワークが軽くなるように『モノはなるべくコンパクトで軽いモノ』を選ぶようにしています。

そんな20代男性ミニマリストがおすすめする『コンパクトで軽い』こだわりのアイテムを下記記事でご紹介しています。

  • ミニマリストの方
  • ミニマリスト思考の方

上記の方は『お買い物の参考』になるかと思いますので是非併せてチェックしてみてください。

⑥ときめいているか?

最後のルールは『ときめているかどうか?』です。

買い物って意外と難しくて、多くの人は『他人にどう思われるだろう?』というのを軸にショッピングする事が多かったりします。

  • 限定の〇〇を持っているという自慢
  • ブランド服で揃えてマウント
  • かっこよく・可愛く見られたい!

上記のような『承認欲求』を満たすショッピングをすると、お金はいくらあっても足りません。

こんな名言を知っていますか?

お前の『顔』を気にしているのは、『お前だけ』だ。

とあるおばあちゃんが鏡で身なりを気にしすぎている孫に言った言葉だそうです。

要は自分が思っているより周りの人間は自分の事を意識していないんです。

それなら『自分がときめいているか?』どうかでショッピングした方が、長く愛着を持って大切にできます。

結果的に無駄なモノを購入しないので、経済的だったり。

大好きなお気に入りのモノだけに囲まれる生活ってとっても幸せですよ!

本記事のまとめ

お疲れ様です。

以上が『20代男性ミニマリストのシンプルな6つのお買い物ルール』です。

最後のに本記事の内容をまとめていきます

  1. 消費か?浪費か?
  2. お金を生み出してくれるかどうか
  3. 時間を生むかどうか?
  4. 価値ある経験をさせてくれるか?
  5. コンパクトで軽いか?
  6. ときめいているか?

以上が20代男性ミニマリストがお買い物の際に大事にしている6つのルールです。

ミニマリストの方やミニマリスト思考の方の参考になれば幸いです。

以上で終わり!さようなら〜!

]]>