my minimalism

【5選】これからミニマリストになりたい方に読んでほしいおすすめ本をご紹介!

こんにちは!れおです!

本日のテーマは・・・【5選】これからミニマリストになりたい方に読んでほしいおすすめ本をご紹介!

これからミニマリストを目指そうと思うんだけど、ミニマリスト初心者の方向けの本ってありますか?

『モノが少ない=ミニマリスト』ではないないのが、ミニマリズムの奥深いところです。

人生を豊かにする為にこれからミニマリストを目指したい!という方は、先輩ミニマリストさんが執筆されている本を読むのが1番の近道かもしれません。

本日は20代男性ミニマリストである筆者が『ミニマリストを目指すなら読むべき本』を5つ厳選してご紹介します。

本記事の内容

20代男性ミニマリストおすすめのミニマリズムを学べるおすすめの本【5選】をご紹介致します。

3,4分でサクッと読める記事になっています。

最後まで読んでいただけると、ミニマリストを目指す上で必要な知識が学べる本を知ることができます!

ぜひごゆっくりお楽しみください。

20代男性ミニマリストおすすめのミニマリズムを学べるおすすめの本【5選】

まずは先に20代男性ミニマリストの筆者がおすすめする『ミニマリズム』を学べる本【5選】をご紹介致します。

オススメは下記の通りです。

  1. 手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法
  2. ぼくたちに、もうモノは必要ない。
  3. 自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと
  4. フランス人は10着しか服を持たない
  5. 人生がときめく片づけの魔法

各本毎にミニマリストを目指している方の中でも『特にこんな方におすすめ!』とか『こんな事が学べるよ!』というのをお伝えいたします。

本の中身までは具体的なネタバレしないので直感的にこの本いいかも!と感じた方は、ぜひ一度読んでいただければと思います。

それでは1つずつご紹介していきます。

①手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

僕と同い年のミニマリスト界のインフルエンサー”しぶさん”の執筆した本になります。

50個のテーマ毎に区切られているので『読書が苦手な方』でも読みやすい内容になっています。

こちらの本では下記のような事が学べます。

ミニマリズムを取り入れた結果こんな風に人生が変わったよ。

と本のタイトルにもなっている通り、『手ぶらで生きる(ミニマリストとして生きる)』事のメリットやお金にまつわる話が多く記されています。

この本は僕のミニマリズム感に大きな影響を与えてくれました、

本に記されているお金の話や、モノを持たず身軽に生きる事の素晴らしさは全て合理的で、ライフプランを見直すきっかけになります。

ミニマリストを目指したい方はまずこの本を読む事をお勧めします。

②ぼくたちに、もうモノは必要ない。

著者の佐々木さんの人生を振り返りながら、断捨離を通じてミニマリストに変わり、変化した人生について記されています。

①でおすすめした『手ぶらできる』は50のテーマ毎にミニマリズムについて語られているのに対し、こちらの『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』では著者の実体験を元にストーリーでミニマリズムについてより具体的に語られています。

『幸せとは何か?』『自分は何故頑張っているのか?』『自分は何の為に働いているのか?』改めて自分の人生に向き合う良いきっかけになる本です。

社会人としてこれからどうしようか?と悩んでいる方には時に刺さるオススメの本です。

③自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと

コチラの本はミニマリストを目指す上で『ミニマリストとしての考え方』について参考になる本です。

20代男性ミニマリストとして『学生の間』に読んでおけば良かったなと、後悔しています。

就活中の学生やこれから社会に出る人は、大人になる過程で重要な事を箇条書きで記してくれています。

これは社会人になる前に自己啓発本として何を読めば良いか迷っている方には強くお勧めいたします。

ミニマリストを目指してなくても、10.20代の方、特に就活中の学生さんには『人生の生き方』について大きな影響を与えてれる良い本です。

④フランス人は10着しか服を持たない

筆者の学生時代の留学の際にホームステイ先のマダムに『美について』の考え方などを中心に『モノ選びについての考え方』のヒントを得る事ができます。

一見女性に限定的な本かと思いますが、男性にも通じる内容である本です。

直接的にミニマリストについて語られている本ではありませんが『スマートな美』『こだわりのモノ選び』などはミニマリズムと地続きの話題であると考えます。

特に女性ミニマリストを目指す方にはかなりお勧めしたい本となっています。

僕自身この本を読むきっかけは『持ち物や服の整理』をするにあたって、タイトルに惹かれて面白そうなので読んでみました。

若干女性向けな本であることには変わりませんが、男性でも楽しめる内容ではありました。

ホームステイ先の家族との会話をベースに本は進行していきますので、読書が苦手な人でも読みやすい本です。

⑤人生がときめく片づけの魔法

¥1,540 (2022/01/16 16:14時点 | Amazon調べ)

ミニマリストを目指す上で『モノを捨てる』という行為は非常に厳しい登竜門になります。

多くの人は『モノの捨て方?片付け方?そんなのわかるよ!』と考えているかと思いますが、実際のところは『モノを持ち過ぎている方』がほとんどです。

本書では『ときめくかどうか?』をキーワードに大好きなモノだけに囲まれた生活をゴールにモノの片付け方・捨て方について学ぶ事ができます。

この本を読む前、僕は元々モノが多い人間ではありませんでしたが、この本を読んで学んだ捨て方を実践すると不思議とまだまだ捨てられるモノはたくさんありました。

自分が思っているよりモノって溜まりまくっていることに気付かされました。

何故か部屋が散らかってると悩んでいる方!お部屋が生まれ変わるヒントがたくさん詰まった本なのでぜひ読んでみてください。

本記事のまとめ

お疲れ様です。

以上が20代男性ミニマリストがオススメする『ミニマリスト目指すなら読むべきおすすめの本5選』でした。

  1. 手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法
  2. ぼくたちに、もうモノは必要ない。
  3. 自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと
  4. フランス人は10着しか服を持たない
  5. 人生がときめく片づけの魔法

今回は『どんな人におすすめ』で『何が学べるのか?』をざっくりとご紹介しましたが、実際本を読んでみる事で他の気付きもきっと得られるかと思います。

新書ではないものばかりなので『上手に購入すれば中古で安く手に入れることも』可能なはずです。

本記事がミニマリストを目指す為の参考になれば幸いです。

他にもミニマリストについての発信もしていますので、是非他記事も読んでみてください!

以上で終わりです!それではさようなら〜!